スポンサーサイト


Ads by Google

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

音楽を進化させる??「デジタルパイプ」


Ads by Google

digipipe.jpg
最近のデジタル音楽技術はすごいですよね。
DTMやMIDIの普及で、音楽の専門技術が無い方でも手軽にそして直感的に音楽を作ることができるようになりました。
また、YouTubeなどの共有サイトの発展のお陰で、作った音楽をいろんな人に聞いてもらうことができます。
初音ミクなどがこれに当てはまりますが、今回はDTMやMIDIの新しい入力となるデバイスのプロダクトデザインを紹介します。

Ads by Google

Emami Designによる「Digital Blow Pipe」は、管楽器の音を作る時に便利な新デバイスで、ホイッスルに似た形をしています。
センサーとBluetoothが備わっており、吹き口を口に咥えるとデータをPCに送信することで、リアルなデータを入力できる特徴をもっています。
また、センサーはリアルタイムに吹き口から吹かれる風の量を測り送信するので、マウス等で一つ一つノードを曲げる面倒な編集が楽になります。
digipipe4.jpg
両手が開いているので、同時進行でマウス等で編集することも可能です。

digipipe2.jpg
英訳:多数のプログラムはコンピューターによって音楽を生成することを可能にします。
これらのプログラムはキーボード、マウスあるいはタッチ・スクリーンによってコントロールされます。
しかしながら、トランペットまたはサクソフォンでのように、指作品に加えて吹く強さおよび持続をコントロールする(例えば)ことをこれが要求するので、これらの装置は金管楽器の音を生成するためには適しませんでした。
このディジタル・ホイッスルは、音波発生のために同様に吹くことを考慮する、新しい設計思想です。
センサーは吹き口の後ろに位置し、機械的に吹く持続および強さを測定します、これを電気信号に変換する、また赤外光および(または)ブルートゥースによってコンピューターあるいはディジタル楽器にデータを転送します。
キーボードまたはタッチパッドによる並列および追加入力は可能です。
装置も異なる目的(例えば車椅子のコントロールを持った支援する重度の身障者)に使用することができます。

digipipe3.jpg


詳細:www.yankodesign.com/2012/02/28/digital-blow-pipe/


Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

デジテクノート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。