スポンサーサイト


Ads by Google

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

よくよく考えたら変わった名前の商品名 「パンパース」


Ads by Google

aa.png
30代までの人なら一度はお世話になったことがあるでしょう紙おむつの「パンパース」。
幼児紙おむつの定番で代名詞としても使われる程有名ですが、よくよく考えてみると謎なのがその名前。

・どこからその名前が付いたのか?
・意味があるのか?
・そもそも何語だ?

考えれば考えるほど謎なので、ちょっと調べてみました。

Ads by Google

といってもWikipediaに普通に乗っていました。
パンパース - Wikipedia

パンパースは英語の「pamper」日本語訳で「甘やかす&ほしいがままにする」から来ていて、「赤ちゃんを大切に育てる」という意味からその名前になったそうです。

うーん
あっさりとわかっちゃいました。
( ´△`)アァ-

ちなみにパンパースを開発した人は「ヴィクター・ミルズ」という人で、一般消費財メーカーの「P&G」に勤務している時に、当時では考えられなかった「使い捨て式のおむつ」を発案したそうです。それから自分の孫に試してみた結果うまくいき、会社の「P&G」で商品開発に乗り出したそうですよ。


Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

デジテクノート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。