スポンサーサイト


Ads by Google

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

遂に我々は昆虫が主食だった時に戻るのか 「昆虫料理本」出版(仏)


Ads by Google

366361-InsectcupcakeReuters-1334726827-942-640x480.jpg
17日、オランダのヘニンゲン大学の教授らは昆虫を使ったレシピが載ったレシピ本を出版した。
昆虫を食べることでタンパク質を補おうというのが目的で、著者の一人マーセル・ディックは「皆がこの本を買って、家で昆虫料理を作るようになればいい」と期待を寄せいているらしい。
詳細は以下より

Ads by Google

というのも実は昆虫はタンパク質の宝庫であり、栄養価も高いという。昆虫の種類によっても違うが、家畜(豚、牛)の肉に含まれる栄養成分と変わらないらしい。それだけでなく、もし昆虫を本格的に食材として飼育する場合、家畜を飼育する時より、温室効果ガス(CO2やメタン)が約100倍少なくなると見込めるという。

今現在、地球の人口は約70億人とも推測され、2050年頃には約90億人を超えると推測されている。
その頃になると一人あたりの食料も減り、家畜を飼育する場所も不足し、人にとって大切なタンパク質を十分に補えられないと予測されている。
そんな危機に対応するべく、色々な所で「昆虫を食べよう」という働きが段々と出てきているようだ。
今回出版された「昆虫料理本」もそのひとつだろう。
全人口に対応できる食材というのがもう「昆虫」しかないというのだからしょうがない。

ちなみに日本では一足先に平凡社新書から『昆虫食入門』という本が出版されている。
このまま人口が増えていくともしかすると、今小学生の子達が定年を迎える頃には、昆虫食というのが当たり前になっているかもしれない。

●リンク
参考ページ:ロイター(オランダで「昆虫料理本」出版、人口増加に備えたタンパク質源に)
紹介本:平凡社新書『昆虫食入門』について


Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

デジテクノート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。