スポンサーサイト


Ads by Google

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

Windows8 RP版リリース そして試してみたよ!!


Ads by Google

01_20120602190224.png

最近暑いなぁと思っていたらもう6月だって  いや~ビックリするほど時間が立つのは早いですよね。
このまま大人になるのかなぁ (T_T)

早いといえばマイクロソフトが開発している新OSのリリースも早くて、6月の上旬にリリースする予定の「Windows8のRP版(Release Preview)」が、6月1日にリリースされました。

どんな仕上がりになっているのか気になるので、早速試してみました。

Ads by Google

試してみたけど、詳しくレビューするほどの知識は無いので、スクリーンショットと触ってみた感じを簡単にレビューしてみます。
ここでは、そのままインストールするのはちょっと抵抗があったので、Visual Boxで試してみました。

Windows8 Release Preview版 ISOダウンロード

windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/iso (約2.4GB)
(*日本語選択ミスに注意)

Visual Boxの設定

インストールの前に、Visual Boxの設定です。
Visual Boxの設定は、こんな感じで設定しました。
メインメモリ 800MB
ビデオメモリ 128MB
ストレージ 7.00GB
*ストレージは、7GB以上ないとインストール時に弾かれます。

ちなみに、ホストマシンのスペック
OS Windows7-32bit
CPU AMD E-350(1.6GHz)
マザーボード E350IA-E45
メモリ 2.00GB
SSD 64GB
グラフィックス Radeon HD 6310
Windowsエクスペリエンス 3.8
何回か、インストールで失敗したんですが、Visual Boxの設定のシステムにある拡張機能の「EFIを有効化」と「ハードウェアクロックをUTCにする」のチェックを外したところ、インストールが出来ました。
ホストマシンが同じような方で、失敗した方はいじってみるとうまくいくかもしれません。

インストール

といっても流れに沿ってやるだけなのでスクリーンショットで紹介
1
1_20120602193249.png
2
2_20120602193248.png
3
3_20120602193247.png
4
4_20120602193246.png
5
5_20120602193246.png
6
6_20120602193245.png
7
7_20120602193319.png
8
8_20120602193318.png
9
9_20120602193317.png
10
10_20120602193316.png
11
11_20120602193315.png
12
12_20120602193315.png
13
13_20120602193354.png
14
14_20120602193353.png
15
15_20120602193352.png
16
16.png
17
17.png
18
18.png
19
19.png
20
20_20120602193419.png
21
21_20120602193419.png
22
22_20120602193418.png

・途中で入力するプロダクトキーはコレです。
TK8TP-9JN6P-7X7WW-RFFTV-B7QPF

ログイン

無事インストールが完了したので、早速ログインしてみました。
22-1.png 22-2.png
・ログイン画面のUIが結構変わっています。
・ボカしているところは、メールアドレスが表示されます。

メトロUI

ログインすると、最初に表示される画面はスタートスクリーンと呼ばれる、メトロUIの画面が表示されます。
23_20120602200026.jpg 24_20120602200025.jpg
・タブレットを意識した作りになっているので、横長な画面になっています。
・タブレットだと指で、マウスだとスクロールボタンでスライドできます。
・基本的にはこの画面から色々なアプリを起動したり、ファイルを表示したりします。

デスクトップ

左下のチューリップの画像より、デスクトップを表示してみました。
25.jpg  

今回はベータ版じゃないので、ベタの壁紙ではなかったようです^ ^

ちょっと色々と触ってみました。

タスクマネージャー
26.jpg27.jpg28.jpg

エクスプローラー&タブ機能
29.jpg30.jpg31.jpg32.jpg
33_20120602201803.jpg34.jpg
・タブで圧縮ファイルの解凍ができるところはかなり便利。
・標準でlzhに対応。

ファイル削除ウインドウ

34-1.png34-2.png
・単純にかっこよくなっている

インターネットエクスプローラー(IE10)
34-3.jpg34-4.jpg
・触ってみた感じ全体的に重く、もうちょい改良すべきかな....

スタートメニュー?
Windows8にはスタートメニューという概念がなくなりました。
そのかわり、画面の端にカーソルを持って行くと色々なアクションが用意されています。

・左下端 → スタートメニュー
35.jpg

・左上端 → メトロアプリの終了
000.jpg002.jpg

・右端 → Dockの表示
36.jpg37.jpg

試しに、Dockの検索をクリックしてみると、アプリの検索画面が表示されます。
39.jpg40.jpg40-1.jpg

設定をクリックすると、コントロールパネルなどにアクセスできます。
46.jpg47.jpg48.jpg49.jpg
・標準でFlash PlayerやGPSの設定があります。(タブレットを意識したつくりです)


アプリの起動(天気&ニュース)
・アプリの検索画面より、アプリを起動してみた様子です。

天気
40-2.png41.jpg42.jpg

ニュース
42-2.png43.jpg44.jpg45.jpg

ちなみに、一度起動したアプリからの情報は保存され、スタートスクリーンでも表示されます。
003.jpg

ロック&終了

ひと通り触ってみたので、とりあえず終了してみます。
ロック
・ロックはスタートスクリーンの名前が表示されているアイコンより、ロックが出来ます。
51.jpg52.jpg
・ロック画面には、画像と時間が表示されます。解除するには上にドラッグします。

終了(シャットダウン)
53.png54.png


レビューはこんな感じです。

感想

感想としては、CP版よりしっかりできていて、意外といい印象です。
過去記事:Windows8 Consumer Preview レビュー

とにかく起動と終了が早く、「メモリ:800MB&HDD:7GB」という過酷な条件の割には動作が重くならず、快適でした。
正式版は今年度中にリリースされるようなので、さらなる改良に期待です。
ちなみに正式版では、Vista,7で採用されたAeroがなくなるようです。(何故??)

最後に起動と終了の様子です。


Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

デジテクノート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。