スポンサーサイト


Ads by Google

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

凄すぎ!!印刷済みの紙を再生する「アンプリンター」


Ads by Google

Printer_by_kadajawi.jpg


A:いや~参ったな プリンター用紙切れちゃったよ どうしよう
  おっちょうどいい所に なぁB、プリンター用紙ってどこあったっけ?
B:備品室じゃん。 まぁ俺いつも何枚かストックしてるけどね
A:マジか! んじゃ何枚かくれよ
B:いいけど、でも最近社長が新しく設置したプリンター横にある「アンプリンター」使えば、そこの要らない紙
   使えるじゃん
A:はぁ 何いってんだよ
B:いやだから、アンプリンターに通せばインクを落とせるんだよ。知らないのか?
A:っえーーーマジかよ


なんていう、とある会社での一コマが現実になる可能性があるんです。
ケンブリッジ大学の研究チームによって、レーザープリンタで印刷されたプリントを印刷する前に戻すことが出来る、つまりインクを落とすことが出来る装置が開発されているというのだ。

Ads by Google

aa_20120609054535.jpg
消す仕組みは、トナーインクで印刷された文字や画像に短パルスレーザーを当てることによってインクを落とすという発想からするとシンプルな考え。

だがこの短パルスレーザーは、ピコ秒(10-15秒)と大変微細なためピンポイントでインクを落とすことが出来、紙が傷つかないため、文字が消された紙は再利用ができるという。

研究チームのリーダーのジュリアン・オールウッド博士は、「この技術によって伐採される木が減り、リサイクル方法の選択肢を提供できる」と、アンプリンターで相当量の紙をリサイクルできることに期待しているようだ。

現在の開発段階では、試作機を作るのに約240万円ほどかかると推測されているようだが、技術が改良されればもっとコストを下げられるとしている。

なお、このアンプリンターを使うことで、不必要な紙を燃やすことがなくなることから、CO2の削減にも繋がり2つの面から環境に優しいと既に話題になっているようだ。

●リンク
参考:【すごい技術】 紙に印刷された文字や画像をレーザーで消す「アンプリンター」


Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

デジテクノート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。