スポンサーサイト


Ads by Google

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

原道N50-GTが壊れた(T_T) 仕方ないから分解でもしてみる


Ads by Google

20121025_2230_haramitiN50bunkai_00.jpg
遂に壊れちゃいました(*_*;

コレまでデジテクノートでも色々と紹介してきた5インチタブレットの「原道N50」が起動しなくなっちゃったんです。

電源を入れても数秒後に切れて、充電しても勝手に再起動するという始末。
色々と調べてみるとどうやらリチウムイオンバッテリーを使っている製品を長期間放っておくと起きる「過放電」という、リチウムバッテリーを使用した製品を使う上で気をつけないといけない初歩的なやつのせいで、唯一のAndroidタブレットが死んじゃいました。

(うぅ悲しすぎるー!!)


まぁ悲しんでもしょうがないので、とりあえず中身を開けて状態確認などをしてみた序でに写真も撮ったので、中の様子を紹介してみます。

Ads by Google

まずは裏蓋を外してみる

マイナスドライバーなどで8コあるツメをゆっくり押していきます。
そうするとこんな感じで「パカッ」と外れます。
20121025_2230_haramitiN50bunkai_01.jpg
意外と簡単に外れちゃったのでびっくりしました。
さすがは中華ですかね。いいように言えばメンテナンス&カスタマイズが容易に出来ます(笑)


N50の中身

じゃん!!これがN50の中身。
赤色の基盤が印象的です。
20121025_2230_haramitiN50bunkai_02.jpg

スピーカーの線に気をつけながらカバーを開いてみる。
バッテリーが1/3を占めています。
20121025_2230_haramitiN50bunkai_03.jpg 20121025_2230_haramitiN50bunkai_05.jpg

こちらは液晶に繋がる線でしょうか。
20121025_2230_haramitiN50bunkai_06.jpg


過放電で使い物にならなくなったバッテリー

3.7v で 3000mahのバッテリー。
意外と大容量だったようですね。
膨らんでいる様子はないですが、カバーについている茶色の焦げみたいのが気になります。(製造時の汚れのようにも見えますが )
20121025_2230_haramitiN50bunkai_10.jpg

バッテリーと本体は両面テープで止められているので簡単に外せます。
20121025_2230_haramitiN50bunkai_13.jpg

半田が甘いところも中華らしいです。
20121025_2230_haramitiN50bunkai_14.jpg


分解してみて初めて知ったこと

何処にあるんだろうと思っていたマイクはUSBの隣にありました。
20121025_2230_haramitiN50bunkai_12.jpg



さて分解してみたものの、バッテリー自体がダメになっているので直すこともできなくて凄くもどかしい。
やっぱ2ヶ月間放っておいたのはマズかったな (´・ω・`)…

中華だからといづれ壊れるだろうと思っていても、いざ文鎮化してしまうと悲しいものです。

あぁあ~ バッテリー買い換えて使おうか迷うな~

Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

デジテクノート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。