スポンサーサイト


Ads by Google

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

「めでたしめでたし」の意味


Ads by Google

無題

普段はあまり使わないけど
、テレビや本などで時たま使われる「めでたしめでたし」。
物語や一つのことが終わったときに使われる言葉ですが、よくよく考えると
「めでたし」って
なんぞやと思ってしまう。
目で足し?
芽で多肢?
そもそも何が語源なのか?

ちょっとだけ調べて見ました。

Ads by Google

めでたしめでたしの意味
物事が無事に、また、よい状態に終わったときにいう語。
語源:「めでたし」の語源は、下二段動詞「めづ(愛づ)」の連用形「めで」に、程度の甚だしさを表す形容。
詞の「いたし」が付いた「めでいたし」だと考えられる。
どうやら元々は「めでいたし」だったようです。

「めで」は:感心する、褒める。
という意味で
「いたし」は:
度合いをはるかに超えている
という意味。
「いたし(甚し)」は「~以外にないほど」とも取れるので
「めでたし」とは(感心する以外に考えられない程素晴らしい)

という感じの意味になるらしいです。


ちなみに英語では
Happily ever after
It's a happy ending
が使われるみたいです。


Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

デジテクノート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。