スポンサーサイト


Ads by Google

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

低価格PCの情報


Ads by Google

pic1153.jpg Powered byパソコンの写真素材
パソコン業界の進歩というのはホント早い!

今やスマートフォンが当たり前の時代で、PCなしでもシームレスにデータの作成、参照が簡単にできる。
ネットも動画もサクサクだ。
ほんの一昔前では考えられなかったことだが、
これもすべてパソコン業界の進歩の上に実現したことだといえる。

進歩といえば記録媒体もかなり手頃な価格となった。
USB[2G]なんて最近ではあまり見ない。
これもパソコン業界を支える半導体などのメーカーさんのお陰だ。

話がちょいとズレたが
まあ、ホントこの業界は色々と速いわけだ。
しかしこれは何も日本だけという事ではない。

Ads by Google

アジアのシリコンバレーとも言えるIT大国のインドでは、低価格PCの販売に向けて着々と準備がされているという。

中でも「35ドルPC」は前々から日本でも噂になっている程だ。
42310f28.jpg
35ドルといえば日本円で約3000円程度。
かなりの低価格すぎてPCなのかという疑問の声も多い。

機能的には基本的なものだけに制限されているようだが、それでもタッチ機能やWiFiなどを装備し、学習目的には最適といえよう。
教育機関向け限定での価格となるが、一般でも買うことができるらしく、それでも約4500円程度というからびっくりだ。
さらに政府からの補助金ありというからまたまたびっくり。


うーん
どうにか日本も安くならないかな
と思っている矢先
イギリス「
Raspberry PI Foundation」でも35ドルPCが開発されているという。

Raspberry-Pi.jpeg
このPCRaspberry PI」という名前らしく
2つのバージョンがあるという。
RAMが128MBとその2倍の256MBだ
128MBの方は25ドル、256MBの方は35ドル。
128MBにいたっては3000円切っちゃうからもう笑ってしまう。

さてその機能だが、H.264の動画1080pを再生でき、各種インターフェースも備えているらしく、インドの「35ドルPC」よりはるかに性能が良いらしい。
OSはLinuxディストリビューションを利用することができる。

元々、分散コンピューティングとして開発されたというこのPC。
自分専用の環境を比較的簡易に構築することができるLinuxは最適だ。

大きく利用される場所としてはやはり学校などの教育現場という。
今や一人ひとりにPCが与えられる時代だけに、コスパの高いこのPCはかなりの需要があると思われる。



さてさて
2つの低価格PCの情報を紹介したが、「パソコン」が使い捨てとは言わないがかなり手頃に、そして敷居の低いみんなが使えるものになってきたなと私は思う。
これをイイと思う人も、ちょっとなと思う人もそれぞれだと思うが、
PCの在り方が変化しているのは確かだ。
その1つとして冒頭にちょい触れたスマートフォンあるいは、タブレットだ。
ほんとに便利だけに近い将来、スマートフォンやタブレットがPCの存在を完全に飲み込んでしまいそうで、PC好きの私は少し怖い気がする。

PC革命はもう近いかも?!


Ads by Google

web拍手 by FC2 記事編集
comments powered by Disqus

デジテクノート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。